歯周病とは・・・

歯周病とは歯の周囲の歯を支える組織を壊していく病気です。多くの場合、お口の中全体で炎症が起こり、痛みや腫れなどの症状が出て、気づいた時にはかなり病状が進んでいるために歯を抜かなくてはならなくなるという怖い病気です。虫歯のように1本単位で病気が進行することが少ないために、放置しておけば一度に多くの歯を失う可能性があります。

実際におおむら歯科医院で行った治療例を示します。

CASE 1 

重度歯周病に対する歯周補綴 13年5ヶ月後

 

 

1999年7月15日初診、40代女性。歯肉から出血するという主訴でした。初診時はかなり歯周病が進行している状態で、歯は動き、口臭もかなりありました。写真を見ると、全体的に歯肉が赤く腫れており、触るとすぐに出血する状態であろうことがお分かりになると思います。

術後写真は2002年11月19日、治療後1ヶ月の写真です。歯肉はピンク色になり健康を取り戻し口臭も無くなりました。見た目も非常に美しいものとなりました。上下顎とも歯周補綴(支台歯の支持骨の吸収が大きく、動揺度が増加し、クラウンにより連結しなければ、正常な咀嚼機能が営めない状態に対して、歯周環境の整備、安定した咬合、咀嚼機能の回復を図る総合的治療のこと)をおこないました。上下の奥歯には取り外し式の義歯を使用しました。

上は術前のデンタル10枚法、1999年7月15日のレントゲンを示します。全体的に重度歯周病でした。全ての歯を抜いてもしかたないくらいの歯周病の状態でした。

下は2002年10月11日のデンタル10枚法を示します。右上6、左上46、左下456、右下7は抜歯となりました。ホームページにも呈示しましたが、当時認可をうけたばかりのエムドゲイン(歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種、豚の歯胚からつくられたタンパク質が歯が生えてくるときと同じような環境を再現し、歯周組織の再生を誘導する、日本国内においては、2002年に厚生労働省の認可をうけている)を全顎的に使用しました。歯槽骨の著しい再生が認められます。

 

*治療内容の詳細はこちらのblogに記載しております。

CASE 2 

重度歯周病に対する歯周補綴9年9ヶ月後

2004年1月6日初診、40代女性。全体的に歯が動くという主訴でした。初診時はかなり歯周病が進行している状態でした。全ての歯が指で引っ張っただけで抜けそうなくらいでした。写真を見ると、全体的に歯肉が真っ赤に腫れており、触るとすぐに出血する状態であろうことがお分かりになると思います。歯石もべっとりついています。口臭もかなり酷い状態でした。

2011年7月22日、治療後3年2ヶ月経過時の写真です。元の病気が想像できないくらい、審美的な状態になりました。非常に清潔感があります。もちろん出血や口臭もなくなりました。患者様の意識も高く、1日に1時間のブラッシングをされているようです。歯周病が酷い状態でも、様々な治療オプションを用いて、歯肉のスキャロップ(貝殻のような形をした歯肉の高低差)を整えることにより、セルフメンテナンスは歯間ブラシやデンタルフロスは使用せずに、歯ブラシだけで大丈夫です。

上顎は固定式の補綴治療(ほてつちりょう・・・歯にクラウンやブリッジや義歯を入れる治療)は困難であったために、磁石を用いた入れ歯にしました。右上632、左上2357に磁石用のアタッチメントを装着しました。下顎は、右下67連結したセラミッククラウン、⑤④③211②③④⑤ブリッジ、左下67はインプラントによる補綴治療をおこないました。歯槽骨も連続性を帯び、安定した状態になりました。もちろん、歯の動きも止まりました。

 

*治療内容の詳細はこちらのblogに記載しております。

CASE 3 

歯周外科(フラップ手術)について

2000年11月13日初診、40代女性です。右上3のクラウンがはずれたことを主訴に来院されました。前歯はセラミックで治療されていましたが、歯の軸が斜め右側に大きく傾いており、見た目が悪い状態でした。上顎に関しては、既に全部の歯がクラウンにより修復されていました。歯周治療とともに、歯肉の位置を整え、綺麗な歯並びにする治療をしました。患者さまの歯周病の状態は、歯周外科が必要なほど進行している部位がありました。

治療終了後、2003年11月12日の写真です。上顎は全部の歯をセラミッククラウンにより修復しました。下顎は、右下67がインプラント、右下56と左下56はセラミッククラウンにより治療しました。総合治療(虫歯や歯周病が原因で歯を失ったり、咬み合わせが大きく崩れたりした際には、単に虫歯の治療や歯周病の治療だけではお口の審美や機能を回復できないことがあります。そのような場合には、一口腔単位の治療を行うことで、見た目も、咬み合わせも良好で、歯を長持ちさせることが可能となります。その目的ためにおこなわれる、歯周治療、矯正、インプラント、義歯、クラウンなど歯科のあらゆる分野の治療を駆使した治療のこと)を駆使した結果、とても美しい口腔になりました。もちろん、歯周外科もおこないました。自然観のあるクラウンと歯肉との調和にご注目ください。

 

*治療内容の詳細はこちらのblogに記載しております。

これらの症例は自由診療によるものですが、当医院では保険診療もおこなっております、どうぞお気軽にお声掛けください。尚、全ての症例が同じような結果になるとは限りません。治療前の病状によって術後結果も変わりますので、何か気になる点がありましたらご相談ください。